• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

ニンテンドー3DSの二回目分解----ヒントは底

   前日の公式トークにより、"携帯ゲーム機の底は第一印象です。" 




   

   例えば外出の時、もし携帯ゲーム機を遊びいますの人を見てたら普通は底を初めて見ます。以下の分解内容を一緒に見てみましょう。


   ▲上のLEDは順番より電力量、AC/充電ランプ及び右の無線通信ランプ。



   ▲底はSDKバージョン



   ▲伝統的DS独立バッテリーカバーに比べて3DSは完全なバッテリーカバーのデザインです。




  

   ▲ですからバッテリーを交換したいたら全般のカバーを取りなければならない。分解の始めも同じです。



   


   ▲4個のボルトを落とせ後、3DSのバッテリー部分を見ました。



   ▲3DSの底はABS材質で作りので、バッテリーを完全に保護できる。



   ▲バッテリーを取りました。




  

   ▲全てのボルトを落とせ。



   ▲ケースとメインボードの分離



   ▲何か繋がっているそうから、気を付けなければならない



   ▲なるほど。エレメントがある



   ▲二つのエレメントとメインボードを連れている



   ▲ケースを完全に取りました



   ▲ケースの部分、LキーとRキーは一番気になるの所



   ▲Lキーの部分



   ▲3DSのLキーはマイクロコンポーネント、DSと違うのこのマイクロコンポーネントとメインボードは別々です。Rキーも同じのデザイン。こうすればLRの交換はより便利になった。




   

   ▲これはLキー(マイクロコンポーネント含め)の全体の構造




  

   ▲Lキー本体、高強度のABS材質ボタン



   ▲3DS使用のマイクロコンポーネント



   ▲十字キー。右のは十字キー下のソフトワッシャ



   ▲十字キーの裏面



   ▲ABXYボタン



   ▲ABXYボタンの裏面



   ▲3DSの電源ボタン。これは単独の四角い電源ボタン



   ▲電源ボタンの裏面は同じに突起がある。これは四角いボタンのアイコン間違うを避けるのためのデザイン




   ▲3DS右の相互通信ランプのエレメント



   ▲メインボード両サイドのボリュームエレメント固定ステントと無線通信スイッチのすべる部品



   ▲分離できるの転送通信部品。これはセンサー装置   



   ▲このエレメントは3DSのペン傍の黒いポートに対応する



   ▲3DSのSDカード・スロット



   ▲SDカード・スロットの裏面は強力な接着剤があるのでメインボードと接着する。取り難い。



   ▲次は3DSの新しい部品スムーズハンドルの登場。これはスムーズハンドルの内装エレメント(ワッシャを含め)



   ▲スムーズハンドルは二つのボルトで3DS本体の内部に固定しているから取りした後分解できる。



   ▲無線通信モード。これとDSは同じ。



   ▲無線通信モードの裏面。



   ▲次は3DS本体の部分。これは上の部分(スクリーンは取らない)



   ▲残りの部分はスムーズハンドルと本体を見でる



   ▲ハンドルとケースの間もワッシャがある



   ▲ハンドルも取りできるけどここは分離しない



   ▲3DS新加入のHOMEキーの裏面



   ▲ABXYキート電源ボタンのレイアウト



   ▲3DSメインボードの裏面



   ▲3DSメインボードの正面(上に向けの部分)



   ▲メインボード正面の三つのキー。左からはSELECT、HOMEとSTART



   ▲メインボード右のABXY金属タッチ部分



   ▲左の十字キー金属タッチ部分




 

   ▲3DSボリュームコントロール。これはDSL見たいのスムーズエレメント



   ▲右の無線スイッチエレメント



   ▲メインボードの裏面の3DSゲームカードスロット(DSカード互換性がある)



   ▲メインボードの右の裏手の電源入力ポート(DSi用充電器互換性がある)



   ▲右側の前部の3DS電池タッチ部分



   ▲3.5mmのイヤホン(専用MIÇポートを付けない)



   ▲3DS下のタッチスクリーン



   ▲タッチスクリーンの裏面



   ▲3DS底の正面



   ▲3DS底の裏面



   ▲3DS使用のバッテリー(1300mA)



   ▲バッテリーの裏面の説明



   ▲DSi LL、DSiと3DSのバッテリーのサイズ対比(上からの順番)



   ▲構造同じ



   ▲サイズは違う



   ▲底の比べ



   ▲本体の比べ



   ▲3DSの新しい底のデザイン



   ▲全部の一覧   


スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。