• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

SKY3DSはNINJHAX 2.0を利用してバージョン制限を解除

7/18にsmea氏がHomebrew launcher (HBL)である「NINJHAX 2.0」をリリースされました、
更新点:
1.3DS上でHomebrew(自作ソフト・エミュレータなど)を動かすことが出来ます
2.対応機種:3DS/3DS LL/New 3DS/New 3DS LL
3.対応Ver:FW9.0.0-x~9.9.0-x
SKY3DSで最新NINJHAX 2.0をテストしました、現時点まで、NINJHAX 2.0を利用して、バージョン制限解除のことができます、即ち、日本版の本体でUS向けやEU向け等の3DSソフトが起動できます。
今回、操作手順を少し説明します。
SKY3DS0714
事前準備必要な物:

FW9.0.0-x~9.9.0-x本体

SKY3DS1枚(正規販売店NDSHOPに購入したほうがいい)

Cubic ninjaのrom

MicroSDカード2枚(SKY3DS用と本体用)

カードリーダー

操作手順

1.まず、SMEA公式サイトに必要なhomebrew starter kit ファイルをダウンロードください。

ninjhax001

同時に自分にあった3DS(OLD or NEW)及びFWを選択し、Update QR codeをクリックします。

ninjhax002

このままの状態で保存します。

2.ダウンロードしてから解凍します、下図のようなファイルができた筈です、本体用SDカードのルート部分に展開したファイルを全て移動します。

ninjhax003

「3ds」フォルダを開けて、以下写真のようなファイルができます

ninjahx004

これらファイルが解除必要なファイルです、現時点まで、sky3dsがバージョン制限解除という性能以外、他の解除性能はまだ利用できません。

3.SKY3DS専用プログラムDiskWriterV202b1でCubic ninjaのromをSKY3DS用SDカードに書き込む、同時に、プレイしたいゲームも一緒に書き込む。

こちらが日本版の本体を利用なので、EU向けのLEGO Jurassic World[EUR].3dsゲームを選択します。後は本体を起動。

SKY3DS0721001

4.3DSのWi-Fi接続を有効にして、Cubic ninjaを起動

SKY3DS0721002

EDIT -> QR Codeに進み、QR Codeの読取 を選択します。1ステップのQR Codeを読み取ります。

若し前回別途のQR Codeを読み取りましたら、まず初期化したほうがいい、初期化方法:同時に「L」と「R」と「X」と「Y」ボタンを押す。

読み完了したら、ご指示に従って「A」を押し

SKY3DS0721003

5.「the homebrew launcher」メーニューに入る、先「3ds」フォルダ中の全てファイルが見えます。

SKY3DS0721004

6.「Region ferr launcher」を選択して「A」を押す。SKY3DSに書き込んだゲームが見えます。SKY3DSの青いボタンを押しと次のゲームに差し替えます。

SKY3DS0721005

プレイしたいゲームができた、直接クリックしてゲームを起動します。

SKY3DS0721007

じゃ、ゲームを楽しみに行きましょう!

 

注意:ゲーム中、若しゲームを差し替えるなら、SKY3DS今までの方法(直接青いボタンを押す)と違います、まず電源ボタンを押して、再「HOME」メーニューを押すという必要があります、HOMEメーニューに戻して4ステップから再操作します。


今回、ここで、お疲れ様でした
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。