• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

SKY3DS+について

皆さん、お久しぶり。
最近大変忙しい、年末年始となるとなかなか大変なのが実情です。
今日ね、12/1日にリリースしたSKY3DS+マジコンを簡単に説明します。
SKY3DS+の正面とバック面のイメージ
SKY3DS004 SKY3DS005
【対応機種】※NEW ニンテンドー3DS/3DSLL、3DS/3DSLL、3DS/XL、2DS※対応

【メーカー】http://sky3ds.com/

【SKY3DS+の内容】

1x SKY3DS+カード
1x USBケープル
マジコン本体以外、USBケープルも付属しています。
USBケープルでSKY3DS+マジコンをPCに接続して、データの取り込みと書き込みが可能となっています。
SKY3DS008


【SKY3DS+の主な特徴】
*SKY3DSの全ての機能を搭載する
*最新ファームウエア10.3.0-28を含む、全バージョンに対応している
*AP checksを突破、特殊なロム問題なく起動できる(例えば、MHX、FEif、どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー、ポケモン超不思議のダンジョンなど。。。)
*2つオレンジボタンが付き、ゲームの切り替えは簡単となる
*前作のSKY3DSよりもっと使いやすい、テンプレートフアイルとdiskWriter不要、3DSソフトが直接MicroSDカードに移動する
*Homebrew &Eショップ&オンラインプレイサポート
*一枚のSKY3DS+につき、マルチ3DSソフト起動できる
*ファームウエアアップデータサポート
*NEW ニンテンドー3DS/3DSLL、3DS/XL、2DSで起動可能(US、EU、JP)

GBAtempでsky3ds+のレビューをリリースしていました、sky3ds+のいいところと悪いところを纏めて公開しました、纏めるなら、以下のような感じです。

【改善していたところ】

1.青いボタンのSKY3DSに比べて、ワンボタンではなく2つオレンジボタンになって、ゲームの切り替えは簡単となる
2.最適化されましたファームウェアのお陰て、ゲームの切り替え時間は約3秒に短縮した.
3.USBケーブルが1本が付き、SDコンテンツ編集が可能
4.青いボタンのSKY3DSによりもっと使いやすい、テンプレートフアイルとdiskWriter不要になった、3DSソフトが直接MicroSDカードに移動する
5.FAT32へのドラッグとドロップによるデータの操作は易くなった
6.AP checksを突破して、特殊なロムにも問題なく起動できる
7.ninjhax2.5対応によるリージョンフリー機能とHomebrew起動

【デメリット所】
1. microUSBポートの転送速度について、355kb/s の転送速度は遅すぎて容量の大きなファイルの運送は時間かかる。
2.FAT32による4GBファイル容量制限、
3.SKY3DS+を使う前、SDカードをフォーマットしなければいけないです、フォーマットしないと安定しない。


【使い方】
1.まず、SKY3DS公式サイトに必要なファイル(、firmware.binとgamelist.bin)をダウンロードください、SKY3DS公式サイトはまた最新ファイルを公開していない、多分また改善しています、暫くお待ち下さい。
2..好きな3DSソフトをMicroSDカードにコーピーします、MHXやFEifやどうぶつの森 ハッピーホームデザイナーやポケモン超不思議のダンジョン全部いいです。
同時に、firmware.binとgamelist.binというファイルも一緒にMicroSDカードにコーピーします
SKY3DS-PLUS020

3.付属しているUSBケープルでMicroSDカードを差し込んだSKY3DS+をPCに接続します、接続したらSKY3DS+内面にある赤いLEDがチラチラしています、10秒ぐらいグリーンLEDがチラチラします。

SKY3DS-PLUS016

再10秒を待って、点滅します。

SKY3DS-PLUS018

この間に、システムは自動的にファームウェアをSKY3DS+にインストールします。
SKY3DS+をPCに接続すると、システムが自動的にファームウェアをインストールするため、インストール完了したら、firmware.binをキャンセルしたほうがいいだと思います、しないと、MicroSDカードに一杯firmware.binファイルがあります。

もちろん、このfirmware.binデータが前回のテンプレートと同じでずっと更新中ですので、更新したら、最新firmware.binに差し替えさえすれば良い

4.SKY3DS+を3DS本体に差し込む、ゲームのアイコンができたら、SKY3DS+を抜き出して、再PCに接続します、SKY3DS+にあるデックスを開けて、setting.txtと.savファイルが見えます。setting.txtファイルをダブルクリックして下図ような文字が見えます

SKY3DS-PLUS019

一行目はファームウェアのバーションです、今のバーションは4です。

二行目の意味は.cfgファイルの設定という意味です、デフォルトの「0」はクローズの意味です、1に変更すると、.cfgファイルの設定はスタートとなっています。

*.cgfファイルはゲームのROMヘッドをセッティングできるファイルです。

5.SKY3DS+を3DS本体に差し込む、ゲームを起動できます、オレンジボタンを押して、次のゲームor前のゲームの切り替えます。

動画を提供してご参考ください。



sky3ds+は2015年最強なマジコンになると思います、MHXなどマルチ3DSロムも対応できるので、プレイシャに愛用しています。
nd

マジコン正規販売店
NDSHOP.JP
GAMEKOOL.NET
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。